2006年04月19日

ワガママを聞いてくれた産院

私の妊娠期間も21週目突入。妊娠6ヶ月目です。
先月までは全然目立たなかったお腹がここにきてようやく出始めました。しかし、妊婦さんのお腹なんて今までマジマジと見たこと無かったので自分の想像だけの世界だったのですが、もっとモコッとお腹が出るものかと思っていたら、ちょっと食べ過ぎて胃が出て、ついでに下腹部もちょっと出たかな?ぐらいの出っ張りで、見ようによっては「太ったんじゃない??」という感じで何だかちょっぴしガッカリ。

そんな憂いも今のうちだよーとは思うのですが、(来月辺りには「お腹が出てきて困る〜!」なんて言うのが目に見えてます、ハイ)帰りの電車なんかでは出来れば座ってゆっくりしたいところを、まだまだ優先席の方へ足を運べません。。まだ私が座るより、もっとお年寄りの方などが座った方がいいんじゃないかなと思うのです。

さて、前置きが長すぎました。今日、念願の「菜食対応OK」な産院が見つかりました。個人病院がちょっと大きくなった感じで、産婦人科、小児科、内科があり、院長先生、息子さん、お嫁さん、ご兄弟(?同じ苗字だったので)で開院されているところです。看護婦さんもベテランの方ばかりでとてもアットホームな雰囲気を感じられました。

ドキドキの初診でしたが先生がとても感じのいい方で、私が菜食主義だというのも理解してくれ、入院中の食事に関しては看護婦の方が丁寧に説明をしてくれました。肉、魚、卵、乳製品NGで一応アレルギー体質だということで入院中の食事は手配してくれるそうです。しかも分娩方法も基本的に自然分娩で誘発剤などの使用は無しとのことだったので(緊急時は使うそうですが)これまた安心出来そうです。

私が何よりも感銘を受けたのは、「出産後の母子同室可(希望者のみ)」「授乳は基本的に母乳のみ」という部分です。総合病院では出産後は赤ちゃんは新生児室に預けられ、昼間の授乳時間のみ子供を抱くことができ、面会に来た家族は赤ちゃんとはガラス越しのみの面会だったのです。しかも夜中の授乳はミルクを看護婦さんが与えてくれるとのこと。(総合病院では結構当たり前の話だそうです)私は絶対母子同室が良かったし、「新生児室で預ってもらった方が夜ゆっくり眠れて楽だよ」と言う人も居ますが、私は親になる以上、産まれたその瞬間から責任を持って面倒を見ていきたいと考えています。

その私のワガママを全て快く引き受けてくれた病院を見つけることができたのでもう安心して残り4ヶ月を過ごすことができます。助産院では無いですが、これだけのことをしてくれるのならもう文句無いですね。


ちなみに・・・今回血液検査を受けたのですが「貧血気味」と診断されてしまいました。鉄分の薬を出しますか?と聞かれましたが「食事療法で頑張ります」と言って薬は拒否しました。さあ、ほうれん草、ひじき、大豆の出番です。今まで以上に意識して食べていきまーす。
posted by ふにこ at 15:33| Comment(7) | TrackBack(0) | ベジライフについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>その私のワガママを全て快く引き受けてくれた<

ワガママではないですよ。それが当たり前のことだと思います。総合病院の当たり前こそが異常です。
安心して産めるところがみつかってよかった。

緊急時の陣痛促進剤の使用ですが、実は鍼灸が効きくんですよ。実際に鍼のおかげで薬を使わなくてすんだ例をいくつも知っています。
Posted by kawauso999 at 2006年04月19日 17:43
ふにこさんこんばんは!
よい病院がみつかってよかったですね^^

ニュース23でここのところ
食品添加物や子供のアレルギーなんかについて
やってました。知れば知るほど恐ろしい〜
でも知らないでいるよりは
気をつけることができますよね。

菜食のふにこさんのお子さんが
産まれるのがほんと楽しみです
きっと丈夫でいい子だろうな〜^^
私も将来のために頑張らないと!
Posted by kiki at 2006年04月20日 01:08
こんにちは〜 順調そうで、何よりです^^
納得のいく病院と出会えて嬉しいですね。

私の友人は6ヶ月目にして体重が増えすぎて、お医者さんにガッツリ怒られてましたよ。どうしても食べ過ぎてしまうそうで…。やはり食事管理は難しいのでしょうか?

貧血気味は気になりますね。鉄分とともに、お味噌など、酵母系の食材も欠かせませんね。

ほんとに、お子さん誕生が楽しみです。
応援してます。頑張ってください^^

Posted by cat-claws at 2006年04月20日 11:13
kawauso999さん、ありがとう。心にジーンと来る言葉です。確かに総合病院の当たり前の方がどうかしてますよね。いつから無理矢理子供を産むようになったのか。いや、最近のお産はむしろ「産む」より「産ませられる」と言った方がいいんじゃないでしょうか。

鍼灸が効くという話、聞いたことがあります!あと温めると良いみたいですね。陣痛が始まったらお風呂に入ってから病院に行くと良いと言う話も聞いたことがあります。(実際はそんな余裕も無いでしょうが^^;)水中出産が密かなブームだというのも頷けます。ただ、うちの近所には水中出産可の産院が無くって・・・残念。


kikiさん、お久しぶりです!
子供のアレルギー、深刻ですよね。甥っ子(3歳)はコーラが大好きで親も平気で飲ませているのですがすごく心配です。食べ物も野菜より肉の方が好きだし・・・。実際その子は喘息持ちで、よく風邪を引きます。免疫力が低いんじゃないかと思うのですが・・・。

「簡単だから」「手軽だから」「安いから」にもう惑わされてはいけないですよね。安いからってCMで流れている合成界面活性剤使用のシャンプーを使っていいのか。お肌に優しい弱酸性なのでベビーもOKなんて言っていても成分はコワイ物ばかり。

食べ物以外にももっと目を開いて見なきゃいけないものってたくさん溢れてますよね〜。。。

菜食でも健康な子は育つ!というのを証明できるぐらいになりたいな^^ 頑張ります〜〜!
Posted by ふにこ at 2006年04月20日 11:13
わ〜っ cat-clawさん、同時書き込みでした!こんにちは〜♪

食事管理は今のところ妊娠前からプラス1.5キロってところで、医者からも「この調子なら問題無い」と言われているのですが、つい食べちゃうっての、分かります〜!休みの日はついドライフルーツを片手にテレビ見たりしてますし・・・^^;やっぱり食欲は今までよりある気がします。

病院も無事見つかったし、あとは貧血を改善してみなさんの期待に答えられるような元気な子を産みたいです^^

「菜食だから栄養不足で貧血」なんてことは誰にも言わせませんよ〜〜っ!
Posted by ふにこ at 2006年04月20日 11:18
口にしている動物性のモノは私のおっぱいのみ・・・の息子を持つと書いたものです。お久しぶりです♪

いい病院が見つかって良かった!ちなみに、息子ですが、年末に肺炎になりかけて入院したことがあるんですけど、その時の病院食が、アレルギーということで動物性のものを一切除去してもらったんです。総合病院でしたので、見事に豆腐がてんこもりの食事でした。おやつは寒天ゼリーや果物でしたっけ・・・。でも、ここまで対応してもらったことには感謝しています。

ふにこさんのベビちゃん誕生がとても楽しみです♪
貧血解消で、おやつに「豆乳ココア」なんていかが?純ココアって溶けにくいけど、しっかり泡立て器でクルクルすれば全然平気☆
私は貧血気味→レバーなんて思って食べていた時期がありましたが、そんな頃のほうが貧血で立ちくらみしていた気がします。
今では、全然ですもの〜♪♪

お腹は後期に入るとググーンとデカくなりますよ。私もそういうタイプでした。(^_-)

Posted by かりん at 2006年04月24日 22:03
わ〜〜〜っ かりんさん、お久しぶりですっ!
私もかりんさんのように子育てが出来るよう、頑張っていますよ〜〜っ^^

豆乳ココア、なるほど〜〜良さそうですね♪
密閉できる容器に入れてシェイクすれば(某ダイエットドリンクのように)きれいに混ざりそうですよね。早速やってみようかな^^
うちは同居人家族が口を揃えて「レバー食べなさい!」って言いますよ・・・。ちなみに私の母はドライプルーンを1キロも買ってきてくれました^^;食べても減りません〜(笑)

息子さんの病院も食事に気を使ってくれて良かったですよね^^ 聞くところによると最近はそういうのもちゃんと対応しないと病院の経営に影響する(悪いウワサを流される、場合によっては訴えられるなど)とかで、ちゃんと対応してくれるところも増えてきているそうです。でもなかなか大きい病院では少ないですよね〜〜〜。結構システム化されてますから、特例は認めてくれなかったり。。 これも今後菜食者の大きな課題となりそうですね。
Posted by ふにこ at 2006年04月26日 12:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16768508

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。