2006年06月02日

豆腐とさつまいものハンバーグ

image/vegelife-2006-06-02T14:27:56-1.jpg

お店で「豆腐ハンバーグ」というものを手にとって見ても大抵「鶏肉」が入っていますよね。これは正真正銘の豆腐ハンバーグです。

用意するもの:
木綿豆腐 1丁
さつまいも(小) 1本
小麦粉 大さじ3−4
塩、胡椒 適量

1.さつまいもは2−3ミリにスライスし、更に千切りにする

2.水切りした木綿豆腐を手でほぐしながらフライパンに入れ、1を入れて炒る
  ※木綿豆腐の水分をさつまいもに吸わせる

3.ある程度炒めて豆腐の水気がなくなってきたら火を止めてボウルに移し、小麦粉を入れて混ぜる

4.3を適当な大きさに丸め、油を引いたフライパンで焼いてできあがり


つなぎが小麦粉だけなので、足りないようなら増やして調整してくださいね。
posted by ふにこ at 14:27| Comment(6) | TrackBack(0) | ベジフードレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが上手ですね!こういうのをスーパーでも販売して欲しいです〜 鶏肉混ぜたら、何のための豆腐ハンバーグか分からないですよね!
Posted by マーフィー at 2006年06月02日 19:30
本当、ベジになりたての頃豆腐ハンバーグを買ってきてガックリした事があります^^; こういうのをお店で取り扱ったら売れると思うんだけどな〜!
Posted by ふにこ at 2006年06月02日 21:17
サツマイモに水分を吸わせるとまとまりがよくなりそうですね。

私もこの手のスグれたお惣菜なんかは、ベジじゃなくともこの時代的に需要は大きいと思うのですけどね。
それともそう思うのはやはりベジだからであって、普通はお肉が入っている方が歓迎されるのでしょうか。
ノンベジの連れ合い曰く、肉ナシだとケチってるような感じがするんじゃない?とかなんとか。
うーん、たしかに自分がノンベジだった頃のことを考えると、もしかしたらそんな風に思っていたかもしれませんが。

しかしマクロビの台頭もめざましいこの時代だからこそ、ググっとベジフードに頑張ってもらって食い込んで欲しいものですよね。
Posted by ボージー at 2006年06月09日 15:15
確かに「お肉ナシだとケチっている」というの、分からないでもないです。昔は「お肉=贅沢」でしたものねぇ。でも、今、野菜の値段が上がり、お肉がどんどん安くなっている中、野菜こそ贅沢なのでは無いかと思う時があります。

キャベツの値段とか、一時すごく高かったですよね。その時のキャベツ料理って本当贅沢に尽きると思うのです。でも「野菜=質素」というイメージがついちゃっているからその本当の贅沢に気付かないことが多いですよね。

マクロビが単なる流行で終らず、こういう本当の贅沢や、愉しさがもっと広まっていくといいですよね^^
Posted by ふにこ at 2006年06月13日 10:47
こんにちは、はじめまして。美味しそうですね!私は先日おからハンバーグ失敗してしまいました、またトライしてみます。。。私もベジタリアンで最近料理を始めたばかりでかなりの料理初心者ですがブログをつけました☆よかったらリンクさせて下さい。よろしくお願いします。
Posted by アヤ at 2006年06月16日 22:37
アヤさん、初めまして^^
こちらこそよろしくお願いしますね〜!リンク是非こちらもさせてもらいます。早速ブログ拝見しましたが、雁月があって嬉しくなりました^^(私も以前「にんじんの雁月」を載せてます)もしかしたら同じ地方かもしれませんね。
Posted by ふにこ at 2006年06月19日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18735576

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。