2007年03月07日

手作り湯葉

Image012.jpg

今日は大豆から豆乳→湯葉を作ってみました。

用意するもの

大豆1袋(今回使用したのは150g入り)


1.あらかじめ大豆を倍の量の水に付けておき1晩置いておく

2.1でふやけた大豆をミキサーにかけて砕く

3.2を鍋に入れ倍の量の水を入れて煮る。アクが出るので木べらなどですくう

4.沸騰したら弱火にして更に5分煮て火を止めて冷ます

5.4をこして残りのかすをふきんに包み搾る。これがおからになる。少しずつ小出しに搾るとやりやすいです。そして搾ったものが豆乳です。(上の写真が絞る前のもの)

6.搾った豆乳を火にかけ湯葉を作る。被膜が出来るのに8分−10分程掛かるので焦らず気長に待つ(ここで焦ってすぐ湯葉を取ると薄くて形の崩れるものが多いです)

Image014.jpg

生湯葉にわさび醤油で刺身風に食べると美味しいです。
posted by ふにこ at 08:59| Comment(6) | TrackBack(1) | ベジフードレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい本格的な手作り豆腐ですね〜!

最近よく料理の投稿されてるから、楽しみですよ〜。
Posted by マーフィー at 2007年03月07日 22:27
ありがとうございまーす^^
子育ても大分板についてきたので投稿できる時間が少しできました♪もちろん料理する時間も出来たのであれこれやっているところです^^ これからもちょくちょく更新するのでよろしくお願いしまーす♪
Posted by ふにこ at 2007年03月09日 09:30
はじめまして いろいろ見てるいる間に迷い込んで
しまった二児の娘のクーです。 

いろいろ考えさせられました。
菜食が身体 心に良い事は少し勉強している人なら皆 理解していると思います。
それを実行に移す事は現在の社会ではとても困難な事だと感じました。

また 来まーす。
Posted by Qoo at 2007年03月09日 13:47
にがりを使わなくても出来るんですねー。今度やってみよーっと。
手作り豆乳、美味しいですよねー。
手作りの湯葉が家で食べれるなんて最高に贅沢ですねー!!!
Posted by ☆YOUKO☆彡 at 2007年03月09日 18:24
自宅で湯葉は、ゆっくり楽しみながら食べる来客時にもよさそうですね。
Posted by kawauso999 at 2007年03月10日 09:26
>Qooさん
初めまして^^ 今の日本においては近所のレストランなどで菜食のみの食事にありつける事は殆どありませんよね。でも、探せば菜食専門店だってあるし、何も外食しなくてもいいし・・・と自分で色々やる楽しみを感じられるようになりました。これがベジになって本当に良かったと感じることの1つです。
困難を感じたのは最初の頃だけで今はそれが当たり前になっているので何も不自由はありませんよ^^ また遊びに来ていただけるのを楽しみにしています♪


>☆YOUKO☆彡さん
にがりを使うと固まって豆腐になりますよ^^
湯葉は沸騰して成分が凝固した際に出来る皮膜ですから(温かい牛乳を飲んだことがあるのならば牛乳で経験はありませんか?あの皮膜と同じ原理です。)にがりを使わなくても簡単に出来ます。手間は掛かりますがコクと深みがあって本当に美味しいですよ〜♪


>kawauso999さん
今回は生湯葉を作って友人宅へ持って行って食べたのですが、じっくりみんなで食事をして湯葉を作りながら食べるのもいいでしょうね^^ じっくり待たなきゃいけないのがちょっと難点ですが^^;
Posted by ふにこ at 2007年03月12日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35404767

この記事へのトラックバック

豆腐手作り、おからも賞味、地元産の大豆使い
Excerpt: 大豆加工の体験学習が二十六日、上市町の相ノ木小学校で行われ、四年生四十二人が地元産の大豆で豆腐作りに挑戦した。白い豆からは白い豆腐、きなこ豆からはほんのり緑色の豆腐ができあがると、こどもたちから歓声と..
Weblog: 35歳女ビルオーナーのダイエット日記
Tracked: 2007-03-07 09:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。