2005年11月28日

ニオイについて

ノン・ミート・イーターという肉だけを食べないベジタリアンになってから暫く経った後、ふと気付いたのが自分の「ニオイ」の変化です。

ちょっとおかしな話ですが、私はお肉を食べなくなってからトイレのニオイが臭くなくなってきたのです。たまに通販で見かける「飲んで体の臭いを消す」サプリメント(という言葉が適切かどうかは分かりませんが)の成分には食物繊維が豊富な根菜や消臭効果のある緑野菜(植物)などが使用されていて、これにより腸内を活性化して嫌な臭いを消すというしくみのものだったと思いますが、逆説を取れば、このようなものだけを普段から食べていれば嫌な臭いを軽減させる効果があると言うことですよね。

お肉が嫌な臭いを発生させる根源かどうかはここでは断言できませんが、野菜メインの食生活に移行してから明らかに嫌な臭いが無くなったのを感じます。そう言えば肉を食べる機会の多い欧米の人の体臭は日本人には無い強さがある時がありますね。また、強い香辛料を好む地域の方も体臭が強い場合があります。

以前の私は香水などを好んでつけていましたが、最近はそういうのも使わなくなりました。臭く無いというのは、いい臭いでごまかすものでは無いんだなと今では感じています。


posted by ふにこ at 16:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ベジライフについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも全く同じです。以前より体から臭いがなくなったと思います。そして、自分をとりまく臭いに敏感になった気もします。体の勘がすこーしずつ冴えてくる様な気持ちになります。

Posted by 正 at 2005年11月28日 22:19
肉食とにおいって、絶対関係あると思いますよ〜!私もふにこちゃんと同じことを体で実感してます。動物の肉や脂は、消化するのにかなり時間がかかるので、腸内滞在時間が長く、よって腐敗してガスを発生させたりするそうです。

あと、味覚も研ぎすまされるのか、けだもの臭にも敏感になったと思いませんか?例えば、外食なんかで、見た目ではお肉を使っていないメニューがあって、喜んで頼んでも、意外や意外、ダシにお肉を使っていたりして、一口食べると分かってしまい、結局食べられなくなる...とか、よくあります(^_^;)
Posted by さなちん at 2005年11月28日 22:33
>正さん
分かります〜!ニオイにも敏感になりますよね。嗅覚が発達したというか、本来に戻ったという方が適切かもしれませんね^^

>さなちんさん
やっぱり消化に時間が掛かるのが原因なんでしょうね。あまりこういうことは大声では言えませんが、血の滴り出る死体の一部を食べているのですものね・・・。

あと、ダシとかに敏感になったの、分かります!ダシをポタポタ落として食べても何かイヤーな感じがしちゃいます。そして決まって来る胃のむかつき感。体は反応しちゃいますよね。
Posted by ふにこ at 2005年11月29日 11:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9920502

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。